You are here
Home > Posts tagged "プレゼンテーション"

訴求力のあるプレゼンテーション資料の構成のコツ

前回は、プレゼンはどんな場面で誰に対して行うものなのか、について書きました。
では、聞き手に伝わる、訴求力のあるプレゼン資料には、どのような特徴があるのでしょうか?

■伝わりやすいプレゼン資料の特徴やデザインのポイント

相手に伝わりやすいプレゼン資料にはいくつかポイントと言えるべきものがあります。
それらは大きく分けると「読みやすい」「見やすい」「見栄えが良い」ということです。

続きを読む

訴求力のあるプレゼンテーション資料の作り方

プレゼンはどんな場面で誰に対して行うものなのでしょうか?

■聞き手が実際に行動に移すのが良いプレゼン

プレゼンの目的は何?という質問をした場合、「プレゼンする商品や企画の内容を説明し、理解してもらうこと」と答える人も多いかもしれません。
しかし、プレゼンで「商品や企画を理解してもらうために話を聞いてもらうこと」は手段であって目的ではありません。
話を聞いてもらうことが目的であれば、それはプレゼンではなく説明会になってしまいます。

続きを読む

プレゼンテーションの最後のまとめ方のポイントを押さえよう

『プレゼンテーションの出だしの話し方のポイントを押さえよう』にも記載しましたが、出だしと最後をしっかりしていれば、印象に残るプレゼンにすることもできるとも言えます。

■最後は聞き手への感謝の言葉を忘れずに

プレゼンは出だしと同じくらい、最後も重要です。
プレゼンの終わり方が締まっていないと、プレゼン全体の印象も悪くなります。
最後は必ずプレゼンの要点を判りやすく簡潔にまとめる時間を作りましょう。

特に前半の内容を忘れている方も多いので、繰り返し伝えることでより記憶に残ります。
最後にはもう一度しっかりフルネームを名乗り、プレゼンを最後まで聞いてくれたことに対する感謝の言葉も添えましょう。

続きを読む

魅力あるプレゼンテーションに!(その2)まずは緊張を解く!

『魅力あるプレゼンテーションに!(その1)話し方のコツを習得しよう』はコチラから⇒

プレゼン時に緊張をしていては話し方にまで気が回りません。
緊張をコントロールして、相手に伝わる話し方で魅力あるプレゼンをしたいものです。
では緊張をした場合にはどのような状態に陥るのか?また、どのようにすれば緊張をコントロールできるのかも知っておくと自信を持ってプレゼンに臨めます。

続きを読む

魅力あるプレゼンテーションに!(その1)話し方のコツを習得しよう

プレゼンの中身がいかに素晴らしい内容でも、話し方ひとつで評価は変わります。
いかに自分の考えを相手に正確に伝えるのかということを考えながら話さなければなりません。

■相手に伝わる話し方のコツは?

プレゼンで相手に自分の伝えたいことを上手く伝えるにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょう?
いくつかコツとなることをご紹介します。

続きを読む

プレゼンテーションの出だしの話し方のポイントを押さえよう

プレゼンの場は自分の企画や考えを、上司や顧客に理解し応援してもらうための非常に大切な場所です。
しかし、同じような場面で練習が何度もできるわけではなく、過去の失敗体験や苦手意識からプレゼンという言葉に拒否反応を示す人もいるのではないでしょうか?
プレゼンをする際、出だしからつまずいてしまうと頭が真っ白になることや、最後を上手くまとめられずに曖昧な終わり方になって、微妙な空気が流れてしまうこともあります。

続きを読む

プレゼンテーション資料の順番の決め方と起承転結の構成方法

プレゼンを考える際に、資料の作成にはどれくらい気を配っていますか?
プレゼンが上手な人とそうでない人には資料作りに差があることも挙げられます。
効果的なプレゼン資料にするためには起承転結のような構成が必要になってきます。

続きを読む

13:00-6:00