You are here
Home > 営業本部 > プレゼンテーションの最後のまとめ方のポイントを押さえよう

プレゼンテーションの最後のまとめ方のポイントを押さえよう

Pocket
LINEで送る

『プレゼンテーションの出だしの話し方のポイントを押さえよう』にも記載しましたが、出だしと最後をしっかりしていれば、印象に残るプレゼンにすることもできるとも言えます。

■最後は聞き手への感謝の言葉を忘れずに

プレゼンは出だしと同じくらい、最後も重要です。
プレゼンの終わり方が締まっていないと、プレゼン全体の印象も悪くなります。
最後は必ずプレゼンの要点を判りやすく簡潔にまとめる時間を作りましょう。

特に前半の内容を忘れている方も多いので、繰り返し伝えることでより記憶に残ります。
最後にはもう一度しっかりフルネームを名乗り、プレゼンを最後まで聞いてくれたことに対する感謝の言葉も添えましょう。

■プレゼンをする時にしてはいけないことはある?

これまで相手を惹きつけ、最後を上手く締める方法などをご紹介してきましたが、プレゼンをする際にNGとなることをいくつかご紹介します。

・自己中心的なプレゼン
プレゼンはあなたを誇示する場所ではなく、あなたの考えを相手に理解して共感を得る場所です。
どんなに自信のあるテーマでのプレゼンでも、自己中心的になってしまうと聞き手は考えを押し付けられているような気分になってしまいます。
プレゼンは「相手のためにすること」という考えを持って、相手に伝えるということを重視して行いましょう。

・ネガティブな話が多い
前に述べたテクニックの一つとして「質問や疑問」と「意外性」を挙げました。
この二つをテクニックとして使う際の注意点にもなるのですが、ネガティブになりすぎないということが重要になります。
ネガティブな話が続くと聞き手側は興味を失ってしまいます。
商品や企画が自分や会社のためになると思わせるようなポジティブなプレゼンにしましょう。

・自分で経験していないことやできないことを話す
プレゼンでは聞き手側からの質問や突っ込みは当たり前のように行われます。
質問や突っ込みは興味を持ってくれているということであり、その質問や突っ込みに上手く答えることでプレゼンを成功に導くことができます。
そのため、自分が経験していないことやできないことを、予測ではなくできることとして話すことは避けなければなりません。
そういったことを話してしまうと質問や突っ込みに対して答えることができないばかりか、そのせいでプレゼン全体の信頼度を無くしてしまう可能性があります。
経験をしていないことであれば予測として話す、そして問題点を推測して想定できる質問に対する答えを考えておくという対策が必要です。

これらの行動はプレゼンで自分を追い込むNGな行動となってしまいます。
これらも頭に入れたうえでプレゼンを組み立てるようにしましょう。

最初からプレゼンが得意な人はいません。
得意な人は、必ずプレゼンが上手くなるような方法を学び努力しています。
見方を変えれば、今はプレゼンが苦手だとしても、努力次第で上手くなるということです。
プレゼンが上手く行った時の達成感や、その後のキャリアのためにも頑張りましょう。


『プレゼンテーションの出だしの話し方のポイントを押さえよう』はコチラから⇒

Pocket
LINEで送る

FintechPost 編集部
FintechPost 編集部
独断と偏見による楽しく役に立つ情報をお届け!

コメントを残す

13:00-6:00