You are here
Home > 営業本部 > プレゼンテーション資料の順番の決め方と起承転結の構成方法

プレゼンテーション資料の順番の決め方と起承転結の構成方法

Pocket
LINEで送る

プレゼンを考える際に、資料の作成にはどれくらい気を配っていますか?
プレゼンが上手な人とそうでない人には資料作りに差があることも挙げられます。
効果的なプレゼン資料にするためには起承転結のような構成が必要になってきます。

■プレゼンの目的は行動してもらうこと

プレゼンは相手に自分のメッセージを伝えて行動に移してもらうための手段です。
聞き手に行動してもらうために話す内容を考え、資料を作成する必要があります。
ただ、全体の脈絡やまとまりがないトークや資料は、一方的に話しているというイメージになり、聞き手の理解を得られません。
そうならないためにも、資料作りに入る前に聞き手が理解し、内容に入りこみ考えることができるように、プレゼン全体の構成を考えましょう。

■ひとつの物語のように構成する

聞き手が行動に移せる理解、納得出来るプレゼンにするには、情報の信頼性が必要です。
しかし、どんなに信頼性のある情報でもただメッセージを伝えるだけの構成では相手の心には響きません。
相手の心に響かせて行動に移してもらうには、問題の提起や選択肢の提示をして、相手にも考えさせるようにしてから結論を伝えることが必要なのです。

そのためには物語のように論理展開する構成を考えると良いでしょう。
プレゼン全体をひとつの物語と考え、1.物語が始まり 2.物語が進み 3.物語が急展開をして 4.物語が終わる。
つまり「起承転結」の構成で組み立てるのが良いプレゼン資料と言えます。

■プレゼンにおける「起承転結」

ではプレゼンにおける「起承転結」とはどのような物なのでしょう。
それぞれご説明をしていきます。

  • 「起」

プレゼンにおける「起」はプレゼンする商品や企画が関係することで、誰もが抱く疑問を提示する部分になります。
あなたがプレゼンをしたい商品や企画に対する世間一般や業界全体、社内における疑問や問題提起をすることで、聞き手にその後の展開でどう解決していくのだろうという期待感を持たせることができます。
その上で、提起された問題に対しての自社の立場や、改善が必要な部分を指摘していきましょう。

  • 「承」

「承」では「起」の問題に対する回答である本題を示してください。
ここで言う本題とは、「起」で提示した疑問や問題に対してどのような解決方法があるのか?
つまりあなたが一番強調するべきである「商品」や「企画」そのものの提案になります。

あなたの提案する商品や企画によって、「起」で提示した疑問や問題をどう解決出来るのか?
あなたがプレゼンする商品やプロジェクト、企画の意図や、実行することにより起こる現象やメリットという効果を提示しましょう。

プレゼンではこの「承」の部分が非常に重要になります。
ここでしっかりと自分の考えや、商品や企画の良さをアピール出来ないとプレゼンそのものが何を訴えたかったのかが分からなくなってしまいます。

  • 「転」

プレゼンでの「転」は非常に難しい位置付けになります。
「転」は最初に述べたように物語の急展開の部分です。
本のような物語であれば、それまで上手く行きかけていた所に強敵や難題が出てきてストーリーが盛り上がる部分が「転」になります。
しかしプレゼンでの強敵や難題は、「競合他社」や「自分がプレゼンする内容への課題」となります。
つまり、それまでは自分の企画の良い所を訴えていた所に、競合他社や課題と言ったデメリットの部分を自分から言うことになるのです。

しかし人の心理に訴えるのにはこの「転」の部分は非常に有効です。
自分がプレゼンをしている内容への競合他社や課題と言うのは、そのプレゼンの弱い部分をさらけ出すということにもなります。
人は完璧な人間に対してよりも、自分の弱さを見せてくれる人のことを信用するというのが無意識のうちにあると言われます。
また、プレゼンする内容の不十分な部分を完璧にするために助言をしてくださいというメッセージにもなります。
つまり「転」では企画のデメリットや競合者との比較を隠さず明示し、助言を得る姿勢を示すことで、情報の信頼性を増やすことに繋がるのです。

ですが、ただマイナス要素を晒し助言を得るだけでなく、デメリットを打ち消せる条件や魅力を自分自身で提案をし、打ち出すことも忘れずしなければなりません。

  • 「結」

「結」では「起」「承」「転」をまとめて明確に結論を出しましょう。
ただ、ここで難しいのは結論に関しては「承」の部分で言っているということです。
そこでプレゼンに置ける「結」の位置付けとして分かりやすく言うと、「結論の再提示」と「行動の促し」になります。

「承」の部分の結論はどちらかと言うとプレゼンする上での商品や企画に対する説明の部分が強くなります。
「結」の部分ではその結論を再提示した上で、聞き手側にこの商品を使い、この企画を実行するとメリットがありますよと行動を促す部分になります。

ここで聞き手側に「使いたい」「実行したい」と思わせることができればプレゼンは大成功と言えるでしょう。
逆にこの部分で「結論の再提示」と「行動の促し」がなければ、聞き手側は「転」の部分のマイナスの要素が頭に強く残ってしまう可能性があります。
そうなると自分の伝えたいことが聞き手側に伝わることなくプレゼンが終了してしまうのです。
つまり「結」の部分が曖昧なままプレゼンを終えると、全体を通して何を言いたかったのか分からなくなるのです。

このように「起承転結」がしっかりとしているプレゼンを作ると、プレゼンが物語のようになり、聞き手側は退屈せずに入りこんで聞くことができます。
プレゼンに必要なことは、聞き手にも参加させ、考えさせるということになりますので、そのために「起承転結」という物はとても重要な役割を果たすのです。

「三幕構成」や「序破急」等、物語を構成する考え方は色々ありますが、今回は「起承転結」を例にしました。
どんな方法であれ、聞き手の理解を考えた構成ができるように心がけましょう。

Pocket
LINEで送る

FintechPost 編集部
FintechPost 編集部
独断と偏見による楽しく役に立つ情報をお届け!

コメントを残す

13:00-6:00