You are here
Home > 営業本部

画像配信サービスで贈った胡蝶蘭を簡単チェック!

(前回のあらすじ)
営業部の主任、一ノ瀬クリスが親戚の出産祝いに何を贈れば良いのかを営業推進部の杉尾翔真に相談をしたところ、胡蝶蘭が良いのではないかというアドバイスが。
そこで、早速胡蝶蘭を注文しようとするのですが、、、

 

 

Missコヨリ?

 

 

はいっ!Mr.クリス主任!

 

 

君、胡蝶蘭専門店の『プレミアムコレクション』のサイトURLは知っているかい?

 

続きを読む

出産祝いにも胡蝶蘭?その理由は花言葉にアリ!

 Mr.杉尾主任、お疲れさまです。

 

 あぁ、一ノ瀬君やん。お疲れ~!社内で君に会うなんて珍しいなぁ。

 

 はい。今日は1日社内で溜まってた事務作業をしているもんで。

 

 君の活躍はよう耳にしてるで。今月も新規で大口の取引を取ってきたゆうて、女性社員がキャッキャッ言ってたわ~。

続きを読む

小和が移転祝いに贈った胡蝶蘭の評判は果たして??

 あっ、いた!愛理、ちょっと。

 

 史緒理先輩、お疲れさまです。どうしたんですか?

 

 この前、問題児の小和が葵先輩に胡蝶蘭の相談をしてたみたいだけど、無事に注文できたのかなぁって思って。

続きを読む

事務所移転のお祝いにオススメの胡蝶蘭をご紹介!

 みうみう~、…じゃなくて、葵せんぱ~い!お疲れさまです!

 

 小和ちゃん!どうしたの?

 

 あのあのあの、いつも大変お世話になっている取引先さんが事業拡大で事務所移転をするみたいなんです。それで、Mr.クリス主任や部長が何か贈り物をしなきゃなぁってお話してて。

 

 ふむふむ。

続きを読む

そんなわけで営業部は今日も賑やかです!

?「…おはよう、今日も良い天気だね」

「おはようございます、一ノ瀬主任」

 
「…ところでMissアイリ、うちの課のMissコヨリを見かけなかった?」

 
「あぁ、鳥井さんならさっき広報部にプロジェクターを借りにいきましたよ」

続きを読む

訴求力のあるプレゼンテーション資料の構成のコツ

前回は、プレゼンはどんな場面で誰に対して行うものなのか、について書きました。
では、聞き手に伝わる、訴求力のあるプレゼン資料には、どのような特徴があるのでしょうか?

■伝わりやすいプレゼン資料の特徴やデザインのポイント

相手に伝わりやすいプレゼン資料にはいくつかポイントと言えるべきものがあります。
それらは大きく分けると「読みやすい」「見やすい」「見栄えが良い」ということです。

続きを読む

営業推進部主任の草の根活動で今日も会社は平和です。

 「あっはは~面白い顔~♪」

 
 「ことりちゃんはいつもそうやって笑ってくれるね~それなのに史緒理嬢ときたらもう、冷たいのなんのって…」

 

 

 (なんですってぇ?!?!?!)

 
 「よっしーセンパイはね~お肉が好きだから、お肉をドーンとあげればいいと思うの!」

続きを読む

訴求力のあるプレゼンテーション資料の作り方

プレゼンはどんな場面で誰に対して行うものなのでしょうか?

■聞き手が実際に行動に移すのが良いプレゼン

プレゼンの目的は何?という質問をした場合、「プレゼンする商品や企画の内容を説明し、理解してもらうこと」と答える人も多いかもしれません。
しかし、プレゼンで「商品や企画を理解してもらうために話を聞いてもらうこと」は手段であって目的ではありません。
話を聞いてもらうことが目的であれば、それはプレゼンではなく説明会になってしまいます。

続きを読む

プレゼンテーションの最後のまとめ方のポイントを押さえよう

『プレゼンテーションの出だしの話し方のポイントを押さえよう』にも記載しましたが、出だしと最後をしっかりしていれば、印象に残るプレゼンにすることもできるとも言えます。

■最後は聞き手への感謝の言葉を忘れずに

プレゼンは出だしと同じくらい、最後も重要です。
プレゼンの終わり方が締まっていないと、プレゼン全体の印象も悪くなります。
最後は必ずプレゼンの要点を判りやすく簡潔にまとめる時間を作りましょう。

特に前半の内容を忘れている方も多いので、繰り返し伝えることでより記憶に残ります。
最後にはもう一度しっかりフルネームを名乗り、プレゼンを最後まで聞いてくれたことに対する感謝の言葉も添えましょう。

続きを読む

魅力あるプレゼンテーションに!(その2)まずは緊張を解く!

『魅力あるプレゼンテーションに!(その1)話し方のコツを習得しよう』はコチラから⇒

プレゼン時に緊張をしていては話し方にまで気が回りません。
緊張をコントロールして、相手に伝わる話し方で魅力あるプレゼンをしたいものです。
では緊張をした場合にはどのような状態に陥るのか?また、どのようにすれば緊張をコントロールできるのかも知っておくと自信を持ってプレゼンに臨めます。

続きを読む

13:00-6:00